こんにちは。

今日は秋晴れの気持ちの良いお天気となっています。

息子は妻といつものサッカーに朝早くから出かけており、私といえば娘をあちこちへ送迎する1日となっています。

 

なんだか妙に長いタイトルではありますが、まずは画像から紹介します。

ここに3枚の画像を上げさせてもらいました。

これは一人の人からいただきご依頼をいただいたのは深夜ですが、朝起きてから添削し、送付させていただいた添削内容の全文です。

少しチャートを勉強したことがある人であれば、単純に高値、安値、そして最高値、最安値を見極めて、方向性に一定の秩序をもたせているのね、ということがわかると思います。

そしていわゆるダウ理論というものでもあります。

なんだよ、そんなこと、超基本じゃん、となるかもしれませんが、これがどうして実際に何もないチャートを目の前にして自分の手を動かしていくといままでやってみてください、とお願いして、一発でどんなチャートでもダウ理論を使って分析できた人は一人も実はいません。

これは当然ながら私も含めてですが、最初はダウ理論って知ってますか?と聞くと、はい、一応知ってます。という答えが返ってきますが、では、その知識を使ってやってみてください、となると手が止まるか、あるいは見せてもらうと違っていたりということがほとんどです。(ちなみに、この場面では使うことができません、と明確に答えることはそれは使える場面ではないことをわかっていっているのであればそれが正解であり、使いこなせていないというのとはまた別問題です。当てはめることができないので使えない、という否定的回答を積極的にしているわけです)

そして、これは大事なことですが、今回の採用させてもらったチャートの持ち主の方が何か特別劣っているとか、そんなことはけしてありません。そしてそれを皆で攻めるための材料でもありません。そんな暇あるなら、自身でこのチャート確認して、自分のダメなところをあぶりだすためのネタをありがとう、と心から思ってありがたく拝見させてもらい、自身の養分にするべきです。採用した理由は単純に最近はここまでシンプルな練習チャートはなかった、それだけです。

で、スカイプを利用していますが、これだけの添削をしてご本人に送り返しています。もちろん、内容に応じて短くなったり、長くなったりしますが、今回は少し長めです。MAが1本とろうそく足が並ぶだけのチャートでも実はこれだけの情報を得て、シナリオ想定が上下それぞれにでき、そして大きな方向性というのもつかむことが実はできるのです。

 

毎日こんな感じのことを繰り返しやっているわけですから、かなり身につくと思いますけど、言い換えれば面倒なことやってるともいえるわけです。ここまでしないといけないのか?と問われるとどうなんでしょう?その答えは皆さんのほうが知っているかもしれません。ただし、これが一番効率が良いやり方か?といわれるとそうではないだろうな、とは思います。

こんな添削していたら、お前のトレード時間なくならないか?いや、やってないんじゃない?とかんぐられそうですけど、これらの添削は基本的に朝方までに依頼があったものを朝にすべて添削しています。そしてその添削のために大体5時半ぐらいにはいつも起床です。コンサルを受けていただいている方には驚かれますが、これを数年続けています。そして自身のトレードのメインは夕方かから24時過ぎまでということになります。

掲載させていただいたチャートにもどりますが、これをされている方は初心者の方ではなかったはずです。当然ですが、ダウ理論という言葉は今まで何度も聞いた言葉であり、そんな感じなのね、と思っていたと思います。それが実際に手を動かしてみるとなかなか思うようにいかないということに気づかされて打ちのめされそうになっていたのが現実ですが、現状打破を試みようと果敢に挑戦中です。

そして、それを感じた私もいつもよりも余計目にこのチャートからわかる情報を盛り込んで添削していますから、これらを吸収して自らの糧にしていく必要があるということなんですが、現実としてはそこまでやりこまずに終わってしまう人が大半な世界でもあるように思います。

 

 

 

 





原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文