テクニカル指標の有名なツールにボリンジャーバンドがあります。

J・ボリンジャーが開発された、ボラティリティを視覚的にとらえるインジケーターです。

中央にあるバンドが期間21~25の移動平均線、その上下に内側から±1σ±2σ±3σで構成されます。

順張りと逆張りの2つの使い方があり、今回は順張りでの使い方を説明します。

ボラティリティが急に大きくなるとバンドが上下に開き、その後バンドウォークと呼ばれる、トレンドが継続しやすい形が現れます。

エントリーポイントは上昇トレンドなら1σ、下落なら-1σ上でローソク足が反発した後にポジションをとります。

これがボラティリティを考慮した順張りでのエントリーになります。

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文