winfx

おはようございます。本日は日曜日で多くの方がお休みだと思います。まだトレードが上手でないころは土日関係なくチャートを眺めていましたが、最近は休みの時はあまりチャートをみることはなくなりました。

私はトレード期間そのものはちょうどリーマンショックがあった年から始めましたので(ちなみにリーマンで資金を溶かして、そこから気合入れて勉強した人です)そこそこの年数がたちましたが、前にもブログを書いていたことがあるのは以前も書いたことがあると思います。(ちなみにその時は見てくれる人は、一日に5人ぐらいと寂しいものでした)

で、少し前にまた、備忘録といいますか、トレード履歴を残すためにブログを再び始めたわけですが、先日から毎日のように連絡をくれる方が商材にしませんか?といってきてくれてます。

この方とは一応面識があるので、まったく相手しないというのもできないので言葉を濁していつも終わらせるので、あまり期待をもたせるというかひっぱるのもよくないと思っているので、これ見てあきらめてくれたらちょっと気が楽になります。

いわゆる商材販売を専業に近い形にされている方は、商材の売り上げがすべてなわけで、とくにこの世界は自己責任という言葉が常によくでてきますから、いってしまえば購入さえすれば大切なお客様なわけですよね。

これについて、私はとやかくいうつもりもありませんし、資本主義の日本では当たり前のことだと思います。

ただ、私がそこにからんでいくのは正直あまり気が進まないんですよね。

教えてほしい、ロジックを知りたいという方が多く存在するのはわかっています。現に私と直接面識のある方で、私が相場で生活していることを知っている方(ちなみに私は法人をつくって法人口座で運用していますので、個人投資家ではありませんので、初対面の人などには会社役員と自己紹介をします)からは教えてほしい、とか代わりに運用してほしい、とか、単純に今後景気はどうなる?とかいろいろ聞かれますし、頼まれることもあります。

現に教えてたこともありますが、これ、面識があって初めてなりたつといいますか、お互いにある程度のことがわかっているのでやろうかな、と思って教えたわけなんですね。

また販売者の立場からすれば、できるかぎり安価にして、販売数で稼ぎたいというご時世に合った考え方をするのは当然だと思います。

でもこれっていいかえれば、自分が苦労して編み出したといいますか、組み立てたロジックの安売りにすぎないとおもうんですよね。

おまけに、販売しても100%は伝えきれませんし、もしわりと多くの購入者がおられても、マスターできるのはごく一部の方のみだと思うんです。

それに自分が苦労したというのもありますが、商材買って、簡単にトレードがうまくなるなんて幻想でしかありませんし、そこをあおることはもってのほかです。

その他の大多数の方には再び絶望させ、新たな商材探しへの旅に出発させることになり、評価サイトというんでしょうか、あ~でもない、こ~でもないと勝手気ままにわずかな検証のみで評価していることが明白なサイトで酷評されておわることは目に見えています。

ちなみに今でも私は商材を購入するときがあります。それは、どんな方法つかってるんだろう?とかの興味本位と、自分より優れている部分があれば素直に認めてそれを取り入れてたいと考えているからです。

そのときは評価サイトとかはほとんどみません。

他人がどういったから、とか興味がないからです。

そんなことありません、といってくれてはいますが、販売数を伸ばすこととは相反する考えをもっているような気がするので気乗りがまったくしないんですよね。

ということで、私のやり方がウェブ上で購入ボタンを押せばいつでも購入できるというときはこないと思います。

もし、あるとすれば、実際にお会いしてみて、対面でお教えして、トレードがうまくなるまで1年でも、いやそれ以上でもお付き合いできるとなれば考えますけど、販売という商売としてはまったく成り立たない世界ですね。

これを読んでいただけている中でもし、ご賛同いただける方はおられたらトップページから問い合わせフォームがあるので一度私に聞いてみてください。ひょっとしたら商材購入地獄から救い出せるかもしれません。

 

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文