こんにちは。

ほぼ前のブログの更新から1か月ぶりとなってしまいました。

特別何かあったわけでもなく、ましてや口座を吹っ飛ばした、とかそんな面白いことは一切なく、いつもどおりのトレードをこなし、日々コンサルを受けていただいている方にアドバイスやチャートの添削を繰り返していたのみです。

梅雨ももうすぐ終わりを告げようとしているようですが、今年の梅雨は多くの雨をもたらし、各地に甚大な被害をもたらしました。

犠牲者が多く出たことは非常に悲しいことであり、二度とあってはならないことです。ですが、今残された人々がどう生きていくか?ということがより大事になり、また人というものは強いもので一筋の光を目指してまた毎日動き出していくものと思います。

 

今年の夏はコロナウイルスもありますから、いつもの夏とは大きく異なる夏となりそうです。国などはあまりたよりにならないことがすでに露呈していますから、自分の身は自分で守り、考えて行動するということが大事です。

 

いろんな意見、噂などが飛び交っていますが、あくまでも私見ですが、まだまだこれから世界的に見ても猛威を振るうのではないかな?と考えています。

これは、単に思っているという抽象的なものではなく、大学のとき統計学を少しかじったのですが、そのうすっぺらくなった知識をもって、信頼できるかな?というデータをみて分析してみるとそのように見えるのでそのように思っている次第です。

未知のウイルスでもありますから、いろんな意見があってしかるべきであり、私の意見など鼻くそ程度です。ですが、自身のことを自己で決定していかねばならない以上考えざる負えないということになります。

ちなみに、思いっきり中年であり、基礎疾患をもっていますから、羅漢すれば重症化する確率が高いですから、気を付けないといけません。

 

で、そんな中ですが、私が住む田舎でも外食できるところがありますが、あちこちと閉店の張り紙が目立ってきました。これは個人、企業関係なくです。目立つ度合いでいえば企業が運営するお店のほうが大きな建物、看板ですから撤退すれば目立ち度でいえばインパクトがありますね。

 

これからは、外食産業だけでなく、あらゆる企業がつぶれていくことは確実です。

といっても、私の場合はコンサルの申し込みがなくなるぐらいで、普段はトレードをしているわけであり、メインですからさほどの影響はない状態でもあります。

 

で、コンサルを受けていただいている方も初心者から初めてめきめきと力をつけてこられている方もおられるわけです。そして、そのような方のチャートを添削していると、中身をしっかりとみている分、内容はよくわかりますから、より私としてはうれしくなるわけです。

 

中にはFXで資金をためて次のステージに進むことを報告してくれた方もつい先日いました。

 

え、理由はともかくとして、その一方で途中で挫折してしまった人もいることは事実です。

これは私の力不足ということもおおいに関連しているのだろうな、と反省するべきところです。

 

でも、FXで生計を立てることができるようになればそれこそ住まいはどこでもほぼ自由といってもよいと思います。

派手なリゾート地で過ごす時間も大事だと思います。

それよりも、毎日、空気のきれいな、自身が気に入ったところを住まいにして生活していく。そして、お金の使い道はないかもしれませんが、都会に住んで働いているときよりも多くの収入を得ることができる可能性がある、というすばらしい環境を手に入れる、これが大事なんじゃないかなと思うところです。(都会のタワマンの高層階から都会の夜景を見下ろして生活するのもよいと思いますよ。ただ、私には向いていないと思っているだけです)

 

私がとっている手段は多くの人=誰しもにお勧めできる方法とは思っていません。ごく限られた一部の人だけでよいと思います。

でも、それにきづいちゃった人にはその気づいたことをぜひ実現してほしいと思う今日この頃です。

 

さて、そろそろ下の子供が学校から帰ってきます。今日は公文式がある日ですから送迎をしないといけません。

 






 

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文