ストキャスティクスはおおざっぱに簡単に説明すると、「今買われすぎている」もしくは「今売られすぎている」ということを判断するために使用する指標です。

一般的に70~80を超えるようだと「買われすぎ」ということになり、20~30を下回ると「売られすぎ」ということになります。

ストキャスティクスには次の3種類の線があります。
「%K(パーセントK)」
「%D(パーセントD)」
「Slow%D(スローパーセントD)」
細かいことは省きますが、簡単に言うと上から順にレートの値段を反映するスピードが速いです。

そのため、「%K」については少しの相場の変動で大きく動いてしまい、「あ、売られすぎだ」と思ってもそこからさらに売られたり、「だまし」の状態になことが多いです。

なので最初は「%D」「Slow%D」で判断するのがいいでしょう。

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文