ボリンジャーバンドとは、FXチャートで用いられるテクニカルの中でもたいへんポピュラーな存在で、取引をする上でも非常に頼もしいものです。

ボリンジャーバンドは、中心にある基準線(移動平均線)と、その上下に配置されたシグマライン(σライン)の組み合わせで構成されています。

通常は逆張りの指標として用いられることが多いのですが、それ以外にも、たとえば利確の目安として意識されることもしばしばです。

利確を決断するポイントを定めるのは、なかなか難しい作業ですが、ボリンジャーバンドを基準にすれば、高い精度で実行に移すことが可能になります。

チャート上には+3σから-3σまでを常に表示させるようにし、いつでも利用できるように準備しておくことが大切でしょう。

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文