有名なオシレーターにMACDがあります。

計算式のベースがEMA(指数平滑移動平均線)となっており2つのラインで構成されております。

期間は短期EMA13と長期EMA26となっており、中央にあるゼロラインより上が買い、下が売りとなります。

使い方は上昇トレンドをつくるとき13EMAが26EMAを上抜けゼロラインより上で買います。

下落トレンドなら13EMAが26EMAを下抜け中央ラインより下にあれば売りです。

ただしMACDはいわゆる遅効性のシグナルであるためこのオシレーターだけで判断するとトレンドに乗り遅れる可能性があります。

したがってRSI等、他のオシレーターやインジケーターと組み合わせで使います。

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文