MACD(Moving Average Convergence Divergence)は、為替相場のトレンドを確認する上で非常に有効なテクニカルです。
移動平均には指数平滑移動平均が使用されており、より直近の値動きに反応しやすくなっています。

売買サインも至ってシンプルで、MACDがシグナルを上抜けると買いサイン、下抜けると売りサインです。

さらに、MACDのダイバージェンスに注目することで、相場の反転タイミングをある程度予測することも可能です。

ただしその仕組み上、相場がレンジで動いている場合は、どうしてもダマシのサインも増えてしまう傾向にあります。

そこでオシレーター系のテクニカルと上手に組み合わせながら、FXの実践に生かしていくのが良いでしょう。

原油、金などのCFDをきちんとわけてブログにすることにしました。

ぜひこちらも応援していただけたら嬉しく思います。


CFD ブログランキングへ

参加者がすくないこともあってか現在1位です。

皆さんにお願いです。ブログランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをそれぞれポチっと応援クリックお願いいたします。


為替・FX ブログランキングへ


FX・オリジナル手法 ブログランキングへ


にほんブログ村


にほんブログ村

ご意見・質問等ありましたら下記からお気軽にどうぞ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文